Object & Composition
Project info

自分自身を〈モノ〉として対象化することで浮かび上がる、自らの身体的フォルムに萌す他者性(それは時に異性性、男/女性性である)を足場として、私たちのもつ身体の固有性から逸脱した代補的身体を生み出す〈ナルシシズムの装置〉としての〈写真〉に着目した。日常から自己の身体を引き剥がし、より遠方と連れ去るための概念としての〈裸体化〉、そこにあらわれる破滅的な願望、自己の没落と喪失、死をイメージさせるモノのすごみといったハイデガー=バタイユ=フーコー=ボードリヤールの系列に連なる存在論的・実存的な欲望を表現する。