something-invisible
Project info

I experienced some kind of farewell.
No longer know the way how to relate to others.
Only time has passed. I began to take photos.
An object that comes jumped into the optic nerve was the captured recognized as photos.
Like a Submarine traveling underwater with no visibility, as measure the distance to the object in sonar,
Try to measure the distance between myself and the society with a photograph.
Taking pictures noticed the importance of "be myself".
These Fragments, here and there, lead me to the "future of myself".

ある別れを経験した。
人との関わり方が分からなくなった。
時間だけが過ぎた。
写真を撮り始めた。
視神経に飛び込んでくる対象を写真として捕獲し認識した。
視界の無い海中を進む潜水艦が、ソナーで対象との距離を測るように、
写真で自分と社会との距離を計測した。
写真を撮ることで気がついた、“自分らしさ”。
背伸びをせず、卑下することもなく、自分らしくあることの大切さ。
ここにある断片(写真)が、
“今の自分”を少し先の“未来の自分”へと導いている気がしている。